PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2015.03.06

3年生実習

UD:デジタルファブリケーションとワークショップ 講評会

こんにちは。PD zine発行者のぴでじんです。

プロダクトデザイン学科3年生、ユニバーサルデザイン領域の実習についてお届けいたします。

 

ユニバーサルデザイン領域

コミュニケーションデザインⅡ:デジタルファブリケーションとワークショップ

ワークショップは協調型学習とも呼ばれ、参加者が相互に工夫しながら、モノづくりやコトづくりを行います。

デジタルファブリケーションは、デジタルデータから直接加工する製造方法でレーザーカッターや3Dプリンター、デジタルミシンなどの登場により、モノづくりの在り方を変えようとしています。

この実習では、デジタルファブリケーションという考え方をワークショップに取り入れ、参加者が作って・使って・楽しめる、モノづくりワークショップの提案とキット製作を行います。

 

 

前回の記事はこちらから。

・2014年12月10日

UD:デジタルファブリケーションとワークショップ 後期後半3週目

 

 

思い出を描き起こす 3Doodler WorkShop

3Doodlerは世界でもっとも簡単に、そして直線的に立体を描くことができる3Dプリンターです。

紙に描かれた線をなぞることで平面的なモチーフを立体に起こしたり、パーツを作りそれらを組み合わせて立体を作ることができます。

普段、思い出を残すものは写真や日記などさまざまですが、そのどれもが平面で思い出を残しています。

このワークショップでは、写した思い出を3Dペンを用いて立体として起こします。IMG_0286IMG_9629

 

 

 

 学生のための写真フィルターワークショップ

簡単で費用が掛からず学生に優しい一眼レフカメラのフィルターの作成と、すぐに共有することが可能なカメラフィルターワークショップです。

フィルター台キットの作成と、写真の変化を楽しみながら、フィルターの共有をテーマとしています。

 

一眼レフカメラに取り付けるフィルターは、塩ビシートや双眼鏡のレンズ、アクリル板などでできています。

フィルター装着の前と後で撮影した写真を見比べてみると一目瞭然。

セピアっぽくできたり、光を強調して撮影できたりと、可能性は無限大!IMG_0297IMG_9651

 

 

Trinity オリジナル動画撮影ノウハウをマスターしよう

アクリルでできた連結パーツを、ジョイント部の連結だけで組み立て、iPhone用マルチ三脚のできあがり!

動画撮影や動画編集を誘発させるワークショップに使用します。 IMG_0305IMG_0307IMG_0308IMG_9676

 

「デジタルファブリケーションとワークショップ」に取り組んだみなさん、お疲れさまでした!

 

ぴでじんより。