PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2015.06.10

講義

【講義】生活デザイン 意匠権セミナー

こんにちは。PID zine発行者のぴでじん2号です。

6月8日の生活デザインの授業に弁理士の方を特別講師に招き、意匠権についてのセミナーが行われました。

本や漫画、イラストに著作権があるように、プロダクトデザインにも意匠権というものが存在します。身の回りにある多くのプロダクトには「意匠権」が取得されていることをご存知ですか?

また意匠法にはデザインやもの作りに関わる人たちを保護し、ブランドの確率やデザインの戦略にも活用されています。

意匠法とはなにか?というお話から、意匠権の目的、登録方法などのお話をわかりやすくレクチャーしていただきました。

IMG_6288 IMG_6305

 

プロダクトデザインに関わる仕事に就くと多くの製品開発に携わる事になります。発表されるまでに意匠権を取得するための図面を書かなくてはいけない仕事もプロダクトデザイナーとしての役目になります。今は画面のデザインなども意匠登録されているんですよ。

また、今回、文部科学省・特許庁・日本弁理士会・INPITの4機関によりデザインパテントコンテストが開催されている紹介もしていただきました。

 

優秀者には入賞の特典として、実際に特許庁に出願し、特許権・意匠権の取得までの手続を実体験する事ができます。学生のうちから意匠権を取得するための経験ができることはまずないと思うので、社会に出た時にも大きな強みになるのではないでしょうか。

早速1年生で応募してみたい!という子がいて、2号も影ながら応援しています!

 

講師の田中さま、皆川さま、ありがとうございました。

2号より。