PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2015.11.29

プロジェクト, 学生の活動

KOBEにさんがろくPROJECT 成果報告 [チームClutch☆]

こんにちは。PID zine発行者のぴでじん2号です。

平成27年度KOBEにさんがろくPROJECTの最終審査であるアイデア提案会が行われ

本日はアドバイザー特別賞を受賞したチームClutch☆の成果報告をしたいと思います。

こうべ旬菜の認知度向上とブランドの確立

こうべ旬菜の出荷用コンテナボックス「通いコンテナ」は30年間以上続く歴史あるものです。より効率よく使用してもらうことを目指し、コンテナに新たな要素を加え提案しました。

通いコンテナとは?-01

視認性の向上と循環効率を可視化したコンテナボックスの提案

Clutch-2-01

30年間使用されてきたシンボルカラーと言えるオレンジの要素を引き継ぎつつ、蛍光色を用いることで、朝方の暗い時間帯でも安全に作業ができるよう配慮したデザインにしました。また、側面には積み上げられていても見えるオリジナルロゴを、底面には循環効率をあげるためのオリジナルマークを付け加え、「通いコンテナ」の意味をよりわかりやすく伝える工夫をしました。

コンテナ-01

こうべ旬菜商品シールのデザイン

都市型農業で生産されている新鮮な「こうべ旬菜」をより多くの消費者に認知してもらえるように、コンテナと合わせて包装パッケージに貼る商品シールの提案も行いました。「こうべ旬菜」のブランドの確立を試みているため、今まで使用されていなかった「こうべ旬菜」のオリジナルキャラクターである菜菜ちゃんを使用し、『「こうべ旬菜」=菜菜ちゃん』というイメージの定着を意識しました。

商品シール-01

 

Clutch☆の夏からの活動もレポートしたいと思います。

TR企業である近江商店さんと共に神戸市にある神戸市中央卸売市場に実際にコンテナが使用されている所を見学しに行きました。

S__7520263 S__7520261 S__7520264

実際に使用している所を見学させてもらい、市場や農家さんのお話を聞く中で、コンテナの色や柄の提案から、有効的にコンテナを利用するシステムなどを第一回アイデア提案会にて提案。

IMG_1830IMG_1847

コンテナを有効的に利用できるような循環するシステムや、こうべ旬菜のイメージを定着するようなマークをコンテナに入れる事が決定。さらにコンテナに載せるマークの検討を進めます。IMG_2533

農家さんの視認性を高めるようなコンテナのカラーを色見本帳で検討中。IMG_2838

お昼休みや放課後に大田先生にいろいろとアドバイスを頂きながら少しずつアイデアを明確化していきました。IMG_2835

第二回アイデア検討会でそれらを提案。合わせて、包装パッケージに貼る商品シールの提案も行いました。IMG_3230

こうべ旬菜のイメージを高めるようにと菜菜ちゃんを使用したデザインに改善したものを提案。

実際にダイエー神戸学園店で店頭販売を行いました!

IMG_5091

こうべ旬菜について知っているかアンケートをし、神戸旬菜のPR活動を行いました!IMG_5107IMG_5134IMG_5087

最終プレゼンに向けてパネルやプレゼンデータなどもまとめて行きます。

IMG_5343IMG_4663

同時にコンテナの色をCGだけでなく実際の物で提案するため塗装作業も行いました。

細かい所まで仕上げてくれています。

IMG_5419

プレゼンの練習も一番伝えたい事を端的にまとめて3分で納める事に苦労していました。IMG_5362

最終報告会当日、ブースに近江商店さんが朝取れのこうべ旬菜を持ってきてくれました!

IMG_5460のコピーClutch-1-01

Clutch☆はプレゼンがトップバッター!

IMG_5449IMG_5450

プレゼン終了後、パネルディスカッション時。食べ物チームに人が集まるなか、じっくりと話を聞きに来てくれる人もいたようです。

IMG_5493IMG_5525IMG_5531

最終審査には外れましたが、アドバイザーである岩野 様より

デザインとは優しさでできていると思わされましたと評価を頂きました!IMG_5568IMG_5575

clutch★のメンバーは1年生を中心に活動していたため、授業に課題にまだ慣れない事が沢山ある中、本当によく頑張ってくれたと思います。

プロダクトデザインが、人の役に立つルールやツールをそっと提示してあげる。当たり前に社会にとけ込んでいるものが、使いやすかったり、働きやすかったり、、

それは実は誰かがデザインをしてくれた優しいデザインで、縁の下の力持ちのような存在だと2号は思います。

そういう意味ではプロダクトデザイン学科らしい提案を出来たものになったのではないでしょうか。

最後に、TR企業である株式会社近江商店の鰐川さん、藤田さん、TRI農漁業者のJA兵庫六甲のみなさま、多くの方々のご協力に大変感謝申し上げます。ありがとうございました!!

clutch★メンバーも本当にお疲れ様でした!

IMG_5580

神戸芸工大PID学科より2チームともとっても光栄な賞をいただき、頑張って取り組んだ事に対して結果が得られるというのは本当に嬉しいものですね。

この流れに乗って今後も課題やプロジェクト、頑張っていきましょうね!

2号より。

2015.11.28

プロジェクト, 学生の活動

KOBEにさんがろくPROJECT 成果報告 [チームSend♡]

こんにちは。PID zine発行者のぴでじん2号です。

平成27年度KOBEにさんがろくPROJECTの最終審査であるアイデア提案会が行われ見事、準グランプリを受賞したチームSend♡Rの成果報告をしたいと思います。

神戸を食べるラスクDip Rusk

ラスクに神戸の特産品である果物のジャムやつくだ煮、イカナゴをディップして食べるというちょっと新しくおしゃれな食べ方を提案します。神戸の新定番として神戸の味をお友達や知り合いにプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

sendR-2-01

【紅茶ラスク×いちご】【紅茶ラスク×いちじく】

神戸の特産品のひとつに紅茶があります。その茶葉を一緒にラスクとして焼き上げました。後味に紅茶の香りが口の中に広がります。

付け合わせとして特産品である「いちご」か「いちじく」のジャムをディップしてもらいます。

パッケージのモチーフは特産品のイチゴとイチジクをティータイムのお供に頂いてもらうシーンを想像し、異人館をモチーフにし、レトロなイメージでデザインしました。

【チーズラスク×いかなご】【チーズラスク×海苔のつくだ煮】

六甲のチーズを一緒に焼き上げたラスクを作りました。おつまみ感覚でボリュームのあるラスクになるのでザクザク食べていただきたいと思います。付け合わせにも神戸特産品であるの「いかなご」か「海苔のつくだ煮」をディップしてもらいます。パッケージのモチーフは特産品である海苔・イカナゴが海の特産であることと、港街のイメージを掛け合わせてデザインしました。

特徴として、神戸と言えば「おしゃれ」や「パン」といったイメージを有効活用し、特産品をラスクで伝えるため、中に練り込むラスクより、特産品をディップして食べていただく新しさと新鮮さを掛け合わせたものにしました。

 

Send♡Rの夏からの軌跡を撮りためていました!

TR企業である株式会社イスズベーカリーの井筒さん、TRI農漁業者の若林さんとの初めての打ち合わせ。

IMG_0529

第一回アイデア提案会では100案以上のアイデアが提案されました。

IMG_1889

授業や課題と忙しいのでお昼休みにメンバーで集まり話を詰めていきました。IMG_2324 IMG_2679

第二回アイデア提案会

ここでディップして食べるラスクというのが新しくいいのではないかと話し合いの結果アイデアが決定。

IMG_3073 IMG_3079

第3回打ち合わせでイスズベーカリーさんに試食を作ってきていただき、ディップするソースの検討会を行いました。

IMG_4057

ディップするソースのイメージに合わせ、パッケージデザインを決定しました。実際にかかるコスト計算なども行い、より現実的なものに仕上げていきます。

IMG_4130

出来上がったパッケージとラスクを携え、第3回 KOBE パンのまち散歩の関連イベントとして、「KOBE PAN COLLECTION -神戸パンコレ-」に同行させて頂き、街頭試食アンケートを実施しました。

IMG_4416

なんとHERMESの前ですよ。街中の方、とってもおしゃれでした。そして厳しく暖かいコメントをたくさんもらい、主にパッケージデザインの改善などを行いました。

IMG_4429

ポスター用の写真撮影を行います。手タレをしてくれた1年生に感謝!

IMG_4662

最終報告会の前日、プレゼンテーションの練習を行いました。IMG_5409

最終報告会当日。

IMG_5457 IMG_5491 IMG_5476 IMG_5479 IMG_5504 IMG_5502IMG_5523 IMG_5533 IMG_5536 IMG_5577

あっという間の約4ヶ月間でしたね。

2年生がメインとなり、1年生を引っ張りながらチームでそれぞれの役割を分担しながら頑張ってくれました。

初めてTR企業の方と打ち合わせをした時は、本気度の違いにびっくりしつつ、本気で応えるような物を出したい!という気持ちにさせられましたね。

大変な事はたくさんあったけれど、最後、21チームの中から準グランプリという評価をしていただけた事、頑張ってよかったですね。自信を持ってほしいと思います。

本当にお疲れ様でした。

最後に、TR企業である株式会社イスズベーカリーの井筒さん、TRI農漁業者の若林さん、KOBEパンプロジェクトの満保さん、多くの方々のご協力に大変感謝申し上げます。ありがとうございました!!

Send♡Rのメンバーも本当にお疲れ様でした!

本日はこれまで。

明日はClutch☆の成果報告を行いたいと思います!

2号より。