PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2016.04.30

DESIGN SOIL

【DESIGN SOIL】〜本会場編〜

こんにちは。PID zine発行者のぴでじん2号です。

ミラノデザインウィーク2016で開催していた展示を時間のある限り行ける所は行き尽くしてきました。

ざっと写真でお伝えして行きます!

ミラノサローネ国際家具見本市、本会場の様子です!

IMG_0263

この建築、サローネと言えばよく見るやつですね!

IMG_0264

キャリーケースを持っている人がたくさん!会場はとんでもなく広く、モーターショーやコミケみたいなものを想像してもらえるといいかと思います!

IMG_0268

本会場の中にあるサローネ・サテリテは、若手デザイナーたちの発表の場とした特別会場で、ここだけは無料で入場することができます。

デザインを学ぶ学生からデザイナーまで、優秀なデザイナーを発掘する目的で設立されたそうです。

神戸芸工大が初めて出展したのもこの場所。そしてDESIGN SOILもここで過去3回出展しています。

出展条件は35歳以下で3回までしか出展できないこと。その他にほ審査があるみたいですがざっくりとはそんな感じです。

学生の皆さんも是非目標にしていただければと思います。

IMG_0442

非常勤講師である江口先生も出展されておられました。

IMG_0274IMG_0279IMG_0278

形・素材・色などいろんな事を聞かせてもらい、感動しておりました。

もっと詳しく聞きたい!という人はサローネ報告会がKIITOで行われるのと、今年の後期にもデザインの現場を語るの授業に来てくださるので是非とも質問しに行ってみてはどうでしょうかー!!

IMG_0299 IMG_0300 IMG_0322 IMG_0326 IMG_0334 IMG_0336 IMG_0340 IMG_0345 IMG_0354 IMG_0353 IMG_0364 IMG_0372 IMG_0384 IMG_0390 IMG_0405 IMG_0407 IMG_0375 IMG_0439

続いて本会場へ!

見明先生アテンドの元、いろんな企業ブースを回りました。

IMG_0471 IMG_0527

デザインでお腹いっぱい!!顔がちょっと疲れてますw

アイスチャージして少し休憩。

IMG_0570

その後、市内へ戻ってきて、市内のギャラリーに展示しているものを見に行きました。

IMG_0584 IMG_0585 IMG_0588 IMG_0594IMG_0599IMG_0596

デザイン!デザイン!デザイン!

デザイン尽くしでもう暫くデザイン見たくない・・・と思うくらいお腹いっぱいになりました!笑

普段からデザインに触れているはずなのに何も思わずに生活しているため、改めてまじまじ見るとすごく筋トレになります。

2号より。

2016.04.29

DESIGN SOIL

【DESIGN SOIL】会期中〜周辺編〜

こんにちは。PID zine発行者のぴでじん2号です。

ミラノデザインウィーク2016で開催していた展示を時間のある限り行ける所は行き尽くしてきました。

ざっと写真でお伝えして行きます!

VENTURA LAMBRATE 2016

朝一の様子

IMG_0767

お昼頃にはたくさんの人が!!

IMG_0928IMG_0850 IMG_0848 IMG_0851 IMG_0852 IMG_0853 IMG_0876 IMG_0864IMG_0895 IMG_0888IMG_0901 IMG_0906 IMG_0909 IMG_0910 IMG_0914 IMG_0916 IMG_0862 IMG_0860IMG_0858 IMG_0859IMG_0887

2〜3分歩くと、展示会場に当たる。と言った感じで地区全体を使ってデザインの展示が行われていました。

IMG_0198 IMG_0200 IMG_0203 IMG_0222   IMG_0224 IMG_0237 IMG_0239IMG_0225 IMG_0227 IMG_0228 IMG_0230 IMG_0232IMG_0241 IMG_0245IMG_0246IMG_0243IMG_0251IMG_0254 IMG_0253

何かのPRだと思うのですが、FREEでコーヒーを配っていました。エスプレッソな所がイタリアやわ〜と思うのでした。

IMG_0856 IMG_0857

以上、ランブラーテ地区の様子でした。

なお、デザイングループやデザイナーと同じように、世界中でデザインを学ぶ学生たちも多く、DESIGN SOILのようなプロジェクトを通して展示していた作品が多く見受けられとても刺激になりました!

 

2号より。