PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2016.06.02

1年生実習

【1年生実習】お菓子の紙箱パッケージ 前期第一課題 講評会

こんにちは。PID zine発行者のぴでじん2号です。

1年生前期実習の第一課題の講評会が行われました。

 

お菓子と紙箱のパッケージデザイン

この課題では市販されているお菓子の紙箱を参考にしながら、紙を用いた箱を作成します。内容物は菓子類とし、お菓子自体の内容や形などを新たに設定し、それを紙箱パッケージにグラフィカルに表現します。紙箱の構成を理解すると同時に、情報伝達の効果的な方法を学びます。

まずは全員並べて、全員で全体講評をしました。

IMG_2204

IMG_2207

その後、それぞれの作品の講評を行いました。

IMG_2217 IMG_2213IMG_2248 IMG_2256 IMG_2265 IMG_2266

今回初めての課題で、パソコンの授業も始まったばかりでしたが、全員パソコンで構成し、印刷したものを組み立てていました。頑張りましたね!

しかし全体的には、まずは指示された条件を満たしているのか。

・お菓子の実寸サイズをパッケージに写真で載せること

これを守れていない人が沢山いましたね。

表面のデザインだけではなく立体物としてグラフィックを考えているのか、お菓子のサイズ、その他のイメージとの兼ね合い、ネーミング、フォントの使い方、大きさなど構成要素が沢山あります。

お菓子売り場に行って、お菓子のパッケージデザインのリサーチは行いましたか?

普段何気なく見ているものでもパッケージを観察する事、もちろんプロの人たちがデザインしたものばかりです。デザインされているものを沢山見て感覚を磨きましょう。

また、お菓子を美味しそうに制作することも、物を作ることを工夫することもP生には求められるスキルです。それを調べて実践するなどの研究に取り組む事も大切ですね。

出来なかった。という現状を受け止め自分がどのレベルにいるのかを自覚すること。次回の作品は今よりも上手く作ること。のびるためにはやらなければいけない所はどこなのかを考え補う努力をするよう逸身先生からの総評でした。

 

 

おそらく上級生なら、実際に作ってみて、これはお菓子としてどのように食べるのか、食べやすいサイズの検討などプロダクトとしての切り口での提案をもっとしてくれるのでは?と思ったので今度4年生あたりに聞いてみようかな。

2号より。