PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2016.06.16

3年生実習

【3年生実習】「あける・しめる」講評会

こんにちは。PID zine発行者のぴでじん2号です。

3年生インダストリアルデザインコース・ユニバーサルデザインコースの前期前半合同課題プレゼンテーションが行われました。

その様子を各コースごとにお届けしていきたいと思います!

「あける・しめる」のデザイン

「あける・しめる」は、日常生活の中で頻繁に生じる行為です。

ドアを「あけたり、しめたり」、ワインのコルク・缶ジュースのプルトップ・牛乳パック…など、日常の様々なモノの「あけたり、しめたり」は、押したり・引いたり・回したり、色々な動作で行われます。

閉じられたモノをあけて、その中身を見るのは、期待と不安を伴う”わくわく”する行為でもあります。

この課題では「あける・しめる」を生活の中で楽しめる機能的なモノとして、思わず「あけたり、しめたり」したくなるようなデザインを考えていきます。

 

IMG_3558IMG_3577IMG_3608 IMG_3609 IMG_9106 IMG_9114IMG_3627

SONISM

着ける(開ける)と音楽が再生され、外す(閉める)と停止するヘッドフォンの提案

IMG_3622 IMG_3615IMG_9146

ひら く じゃく

思わず本を開きたくなる栞の提案

IMG_3580IMG_3581 IMG_9085

am

1枚の布で、足のサイズに合わせ優しく包み込むベビーシューズの提案

IMG_3569 IMG_9070IMG_9074

「あける・しめる」チームのみなさん、お疲れさまでした!

2号より。