PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2016.11.09

キャンパスライフ

三木金物祭りに行ってきました

こんにちは、2号です。

PID2年生と安森先生と大田先生で「産業と文化の祭典」 三木金物まつり2016に行ってきました!

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-06-10-03-58

三木といえば金物が有名ですね!

伝統的な利器工匠具類に加えて、機械工具等を中心とした製品が多く開発、生産されています。

その始まりは安土桃山時代の末期。三木城が羽柴秀吉に攻められて落城し、三木の町は破壊されました。
その後秀吉が、町民の諸税を免じて町の復興を図ったところ、神社、仏閣、家屋の再建のため、大工職人が各地より集まり、三木の大工道具の発展につながったと言われているそうです。

復興が一段落すると、大工の仕事がなくなり、大工職人たちは京都、大阪などへ出稼ぎに行くようになり、そのときに大工が持参した道具の素晴らしさが評判され、鍛冶の里 三木 として現在に至るまで伝統の技を基礎として多くの優れた金物が開発・生産され続けている歴史があるんですって!!

三木金物製品のうち鋸(のこぎり)、鑿(のみ)、鉋(かんな)、鏝(こて)、小刀(こがたな)の5品目が国の伝統的工芸品に指定されているそうです。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-06-10-48-15

まずは金物展示直売会へ

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-06-11-22-19 %e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-06-11-40-54  %e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-06-11-41-33

金物鷲の前で

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-06-11-18-15

外の会場にも市民祭りとして多彩な賑わいでした。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-06-12-09-40

その後も各々、鉋、鑿、鋸など購入したようです。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-06-13-53-13

大田先生もお肉みたいな見た目の通りの肉石という石をゲットしていましたよ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-06-14-10-39

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-06-14-13-58

新しい道具で、ますます木工への沼に、実制作頑張りましょう!

2号より。