PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2017.05.30

2年生実習

【2年生実習】バターナイフ

こんにちは。PID zine発行者のぴでじん2号です。

梅雨前の穏やかな、いやちょっと暑いくらいの日々ですね。

本日は2年生実習【バターナイフの制作】の課題の経過段階をお伝えしたいと思います。

1週目は使用する機械や道具の説明から始まり、まずはリサーチを行います。

市場にどんなバターナイフがあるのか。美しい造形を探し求めてください!

2週目からはアイデアのチェックが行われます。

アイデア出しでは、バターナイフを使用するシーンに見合った形や、バターナイフを使用している際に持ち合わせている問題点を解決するようなアイデア、使用する時の工夫などアイデアのジャンルを探し当てアイデアスケッチに落とし込んでいきます。

30案以上!ディテール重視のデザインから、アイデア重視など幅広くアイデアを出せる事がデザイナーには求められます。

スタイロフォームという発砲スチロールのような柔らかい素材を実寸で削りだしたりしながらイメージを鮮明にして行きます。

頭の中だけで考えていることも、スケッチでよくわからない部分は実際に削って検討するのが1番です。

デザインが決定したら図面→さらにスタイロで形を調整します。

スタイロフォームでの確認が終わったら、もう一段階硬いケミカルウッドという素材を使用し、モックアップモデルを制作していきます。ケミカルウッドでより細かいディテールに拘り形を削り出していきます。

そして最後に、サイコウッドでの削りだしの本番作業に入ります!

主にポリウレタンを使って人工的に木材のような性質を持たせた素材で、ウッドと言いますが、木材のように木目はなく加工性に優れ、環境にも配慮した素材です。

持ち手と同時並行で、プレートの部分も削り出し、磨きの作業に入ります。  

徐々にヤスリの番数をあげて行き、ひたすら研磨します。

持ち手と合わせてみます。

だいたい出来上がってきましたね!

余裕があればパッケージも制作します。

本日、課題発表です。頑張ってください。

2号より。