PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2017.09.07

2年生実習

【2年生実習】実習後半 バターナイフ 講評会

こんにちは。PID zine発行者のぴでじん2号です。

2年生実習後半課題「バターナイフ」の講評会の様子をお届けします。

前半課題を通しての後半課題はどうでしたでしょうか。

2年生後半も頑張りましょう!バターナイフ課題のみなさん、お疲れ様でした。

2号より。

2017.09.06

1年生実習

【1年生】お菓子の紙箱パッケージ③

こんにちは。2号です。

1年生前期実習、3巡目チームのお菓子とパッケージデザイン課題の様子をお届けします。

1週目には、お菓子のパッケージを解体し、同じ様にケント紙で制作することが課題です。

2週目

3週目

4週目 講評会

  

逸身先生総評

伝えるための最善の方法は?という“クドさ”を持つこと。

見た感じ美しいと感じること+(プラス)デザインの場合は特徴を見出し、表現する。

特徴を理解してもらうための表現です。

2年生以降は工房の機械を上手く利用して作品を制作していきますが、「絵を描く」「モデルを作る」という事を自分でできるからこそ、機械に頼る事ができます。形をわかっていないと、機械に任せられません。アイデアには頭と手が関係しています。

いいアイデアもモデルがうまく作れていないとアイデアが生きてきません。自分が具体的な形に落とし込みそれを見せようとする事が重要。

最終的に見せるのはモデルです。綺麗に作る。丁寧さが求められる仕事です。

この事を忘れずに頑張ってください。

との事でした。

 

クドいほど、モデルは綺麗に作りましょう!と言わるほど、あまり上手に表現できている学生が少なく感じました。

後期からも頭を柔らかく、どんどん手を動かして頑張っていきましょうね!

2号より。