PiD zine

PiD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2017.10.26

2年生実習

【2年】家具・スペースデザインコース課題

こんにちは。PID zine発行者のぴでじん2号です。

昨日に引き続き、2年生実習の様子をお届けします。

家具・スペースデザインコースではスツールのデザインを行います。

線の要素の構成による家具のデザインと制作

行為やシーンから発想し、「座る」機能だけではなく他の機能も持ったコンパクトな家具をデザイン・制作します。

柔らかい材であるパイン材、なおかつ構成に制約が生じる24mm×30mm角の長方形の断面の角材を材料として、機能を持った家具をデザイン、制作することを通して、家具の強度を保つ構造、美しい構成を学びます。

スケールモデルで決まったデザインを実寸で制作していくと構成の少しの違いでイメージが色々と変わってきます。

4週目からは実寸で木材をビス留めしては位置の確認を何度も行い調整して仕上げていきます。

「座るかたち」・デザインと制作

家具スペースデザインコース内での木工コースの課題です。

スツールをデザイン・制作し、機能・構造・形態の関係について学習します。

3週間かけて、基本スツールを4人1グループで制作し、座面矧ぎや仕口加工、旋盤を使用しての脚や抜きの制作、部材の仕上げなど木工の基礎となる加工方法や、釘、ビス、金物は一切使用せずに組立式とした座具として使用に耐える構造方法を習得します。

  

2号より。