PD zine

PD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2017.10.31

DESIGN SOIL, 展示会

【つながる食のデザイン展】全体レポート

こんにちは。PID zine発行者のぴでじん2号です。

10月7日〜22日までデザインクリエィティブセンター神戸のKIITOホールで行われた「つながる食のデザイン展」。

本日は展示の様子とオープニングパーティーの様子をレポートしたいと思います。

つながる食のデザイン展 食べることから、はじまる

さまざまな情報が気軽に手に入るようになったことで、食の安心・安全など、日々食べるものについて、消費者はこれまで以上に敏感になっています。その一方で、食べるという行為の前後左右を、私たちはどれくらい想像できているでしょうか。
この展覧会は、さまざまな立場から食について追求してきた料理人や酪農家、販売者などの“食の実践者”たちが描く夢や未来を通して、神戸のまちや生活を捉え直す展覧会です。知っているようで知らない、お店に並ぶまでの野菜の姿や、味覚の多様さに出会う展示など、神戸を拠点とするクリエイターたちとのコラボレーションにより、食との新たなつきあい方を考える種が具体化されています。
「おいしく食べる」「身体に良いものを食べる」だけでなく、誰かが手間隙かけてつくったものを選び、身体の中に取り入れること。そう考えると食は、生き方を選ぶことともいえます。そこには、利便性や効果・効能だけを求めていると気づかない価値観があります。食からつながる明日を、一緒に覗いてみませんか。

    

オープニング・レセプション

会期オープン前日にレセプションパーティーが行われ、本展ディレクターを務めらた、KIITO副センター長の永田宏和さんより展示についての解説がありその後、交流会が開催されました。

乾杯後、インスタ映えしそうなご飯がたくさん出てきました!

SOILの活動報告も行われました。

普段あまり意識しない味覚の繊細さや違いを体感する展示。体験中。

SOILの展示では実際に料理や飲み物を持ってきて体験してもらいました。

明日はExperimental Tablesの展示レポートをお届けします。

2号より。