PiD zine

PiD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2017.12.12

3年生実習

【3年】後期後半 健康・医療器具のデザイン

こんにちは。PID zine発行者のぴでじん2号です。

3年生実習のユニバーサルデザインコースのコミュニケーションデザイン課題についてお届けいたします。

健康・医療器具のデザイン

日常生活で健康・医療に関心を持つ人は多く、例えばスポーツ用品、肥満予防グッズ・ダイエット商品、睡眠グッズ、暑さ・寒さ対策グッズ、ひとに優しい照明など身近に関連する商品が多く存在します。

しかし、健康・医療器具の中には、製作のコンセプトが不明瞭で、モニター調査・ユーザによる検証が十分になされずに、販売されているものがあります。

 

ひとの体の構造は同じだが、人それぞれ老若男女微妙に違ったり、癖があったりします。それによって同じ物を同じように使えない事があります。日常生活の体験を通して問題点を発見し、テーマに関わる問題点解決の提案を行います。

色々なひとが快適にすごすために、ひとりひとりの体に合った健康・医療器具をデザインする事や人間工学的デザイン(エルゴデザイン)に基づいて人間に適したものをデザインする事を条件としています。

日常生活の体験を通して問題点を発見し、取り組むべき課題を掲げ、その課題解決のための提案を行い、デザインプロセスを学習します。

2号より