PiD zine

PiD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2018.01.10

プロジェクト

KOBEにさんがろくPROJECT2018 準グランプリ受賞!

こんにちは。PID zine発行者のぴでじん2号です。

11月22日(火)デザイン・クリエイティブセンター神戸のKIITOホールにて

平成28年度KOBEにさんがろくPROJECTの最終審査であるアイデア提案会が行われました!

神戸市内8大学29チームの若者である大学生総勢212人の参加です。

神戸芸工大プロダクト・インテリアデザイン学科からも1・2年生で組まれた2チーム12名がこのプロジェクトに取り組みました。

チームHipaHipaが[日本の食文化に触れてもらえるような神戸野菜のふりかけ「ベジフリ」]を提案し、

準グランプリを受賞しました!!!

もう1チームである、チームしゅわしゅわもよく頑張りました!

「KOBE にさんがろく PROJECT」は平成24年度より神戸市が実施している企画で、神戸産農水産物を使用して若者(大学生)のアイデアと企業のノウハウを活用した新たな「ものづくり」と、

若者(大学生)と農漁業者と企業の連携・交流を促進する新たな「ネットワークづくり」を図るものです。

最終審査となるアイデア提案会には、神戸市内の8大学の全29チームが参加し、審査員であるTRI企業・TRI農漁業者、アドバイザー、一般市民の方に向け、学生によるプレゼンテーションを行いました。

プレゼンテーションでは斬新さ、神戸らしさ、神戸産農水産物の魅力発信の効果などを1分間にまとめて発表を行いました。

全チーム終了後には、各ブースでの展示やパネルディスカッションにより活動の審査が行われます。

ひたすらプレゼンを行います。

審査員の方達に配る試食を黙々と作る裏方も。大事な役目です。

他の大学チームブースも回って来ましたよ!

これは思いつかなかったなぁと思う、大学生らしい面白いアイデアのチームがたくさんありました。

審査員の人たちには、一人3票、よかったと思うチームの場所に神戸市特産のお花で投票してもらいます。

最後はお隣チームと同じ本数だったため、準グランプリの結果は持ち越しに。

ひとまずお疲れ様でした。

最多数のお花を獲得したのは神戸学院大学栄養学部teamなでしこキッチンの皆さんでした!おめでとうございます!

撫子〜神戸に渡る四季〜

寿司×スイーツで日本・神戸らしさを提案してくれました。

表彰式です。緊張しながら結果を待ちます。

結果は、神戸芸術工科大学Hipa Hipaチームと、神戸松蔭女子学院大学花田ゼミチームともに準グランプリに!

2チームともおめでとうございます!

また明日以降、それぞれのチームの提案したものの成果報告を行いたいと思います。

2号より。