PiD zine

PiD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2018.05.15

プロジェクト

三宮センター街 三Fストリートプロジェクト

こんにちは。PID zine発行者のぴでじん2号です。

DESIGN SOILの記事が続きましたが、神戸芸術工科大学の学内プロジェクトは他にも沢山行われております。

外部とのプロジェクトを通じてデザインの現場により近い、実習課題では得られない経験として多くの学生が自主的に参加しています。

本日はその中から、三宮センター街プロジェクトをお届けします。

2016年に70周年を迎えた、神戸三宮センター街。 次世代に向けて「神戸三宮らしい街」の姿を創造していくために、2012年より5ヵ年計画「SANNOMIYA 2016」に取り組んでいます。
その中の一つのプロジェクトである「空間再生プロジェクト」では、2012年より神戸三宮センター街にお越しの皆さんに憩いのひとときと、楽しい情報をご提供する常設スペース「屋台プロジェクト」が始動しました。現在では神戸三宮センター街の通路にベンチという形で憩いのスペースが設置されています。

センター街の真ん中にあるベンチたちを神戸住人なら必ず目にしたことがあると思います。

2017年度には、人通りの少ないスペースを利活用し、賑わう街へ。というテーマで、現在、人通りが少ないエイツビル前上部デッキ(ジュンク堂3階出入り口横)を利活用し、ハイスツールやカフェブースを設け、人が休憩をすることで、立体的に人で賑わう街になることを目標とし、神戸芸術工科大学から有志の学生を集い制作を行いました。
神戸らしさとして「森」と「海」をキーワードに、ツーバイフォーの木材をベースに、縦の木材と5度回転させた横の木材を組み合わせ「波」を表し、伸びた先が枝のように散りばめられることで「森」の中にいるような安らげる空間を演出しました。

三Fの「三」は三宮の「三」、「F」は「Forest For the Future」、森で動物たちが集い、くつろぎ、賑わう場所になるように。神戸の未来につながる出来事がここから生まれるように。そんな思いを「F」に込めて「三Fストリート」と名付けられた場所に、今年度も本学学生たちによる休憩スペースの空間デザインの制作活動が行われました。

主に環境デザイン学科の学生とプロダクトの2年生が空間の什器を制作。

プロダクトの3年生は休憩スペースのスツールを制作担当しておりました。

2月、3月は春休みにも関わらず、複数のプロジェクトが一気に動いていたので工房は連日フル稼働。

搬入、設営日

設営はセンター街が閉まる8時以降からのスタート。

設営が終わったのが始発前だったそうです。みなさんお疲れ様でした!

三宮センター街にお越しの際はぜひお立ち寄り、少し足を止めてスツールに腰をかけて休憩して行ってくださいね。

2号より。