PiD zine

PiD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2018.05.16

1年生実習

【1年】オリエンテーション

こんにちは。PID zine発行者のぴでじん2号です。

新1年生たち、入学してから早、1ヶ月半。

先日、フレッシュマンセミナーが開催されたので遡ってレポートしていこうと思います。

4月5日

入学式の翌日、プロダクト・インテリアデザイン学科でのオリエンテーションが行われました。

教員自己紹介で先生たちがずらり。もう名前覚えましたか?

その後、事務室からの連絡、履修・単位に関すること、学内でのマナー、実習について、フレッシュマンセミナーについてなどなど説明が続きます。。。

朝から学校全体のガイダンスもあり説明尽くしで、沢山の事をいっぺんに言われて何が何だかだと思います。

プロダクトの先生は基本的に愉快です。

わからない事、気になる事があったら気兼ねなく質問しに行きましょう!

さて、プロダクトデザイン学科の1年生は、1年生+教員+2年生ファシリテーターからなる「基礎ゼミ」と呼ばれるグループ単位でデザインに関するさまざまな体験をし、大学生活最初の1年間を過ごします。

主には4月から基礎ゼミに分かれミーティングを開始し、5月にフレッシュマンセミナー という授業でグループごとに制作したペットボトルロケットの制作発表会を行います。

またフレッシュマンセミナー が終わった後も基礎ゼミごとに学外演習に出かけたり、ワークショップを行ったりします。
少人数生のゼミですので、その後の学生生活でも大切な仲間となっていきます。

1年生が目的を達成するために働きかけるサポーターを「ファシリテーター」といい、一番身近な存在である2年生の有志が務めます。

常に2年生がサポートしてくれる環境は1年生にとって心強く、また先輩後輩間での繋がりが出来き今後のデザイン活動にも活かされてきます。

2年生のファシリテーターの紹介がありました。

その後、グループ発表が行われ、基礎ゼミごとに分かれ自己紹介ボードをつくりました。

名前や出身地の他に、それぞれ自己PRを書いてもらい、それぞれ自己紹介をしてもらいます。

自己紹介の持ち時間は1人、約15秒間。ムービーに収められます。

自己紹介を始め、4年間の意気込みや将来の夢などなど・・・。

撮り貯められたムービーはこれから撮影班のファシリテーターが編集してまとめて、出来上がったムービーはフレッシュマンセミナーにて上映されます。

・・・その後、4年間封印され、卒業式の日に再び上映。

成長の記録がムービーという目に見える形で、4年間という時間の流れを振り返ります。

みなさんがどんな成長をしてくれるのかとても楽しみです。

明日に続きます。

2号より。