PiD zine

PiD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2018.05.22

フレッシュマンセミナー

【1年】フレッシュマンセミナー 有馬散策

こんにちは。PID zine発行者のぴでじん2号です。

5月11日〜12日にかけて行われたフレッシュマンセミナーの様子をレポートします。

フレッシュマンセミナー2日目

9:00に大学集合

みんなでバスに乗って有馬へ向かいます。

大学からは高速に乗って30分ほどで到着します。

兵庫県内にある有馬温泉は日本を代表する歴史ある温泉地で、日本三古泉、日本三名泉、日本三大薬湯にも選ばれています。

フレッシュマンセミナーの心得は日本の温泉文化のおもてなしの心や、観光デザインを実体験する事を目的としています。

現地に到着後、有馬玩具博物館と、有馬温泉地の探索を行います。

本日は、有馬散策の様子をお届けします。

散策といえばまず最初は温泉街を奥へ奥へ坂を上がって行った先にある炭酸泉源公園ですね。

この神社のような建物の中にある丸い石の井戸から炭酸泉が湧き出ているそうです。

左手側にある蛇口より飲泉ができます。

後ろの学生の顔に注目。笑

炭酸泉が日本初の国産オリジナルサイダーの素、毎年恒例の炭酸洗礼でした!笑

散策を続けます。

長い歴史と地域の風土に培われ、洗練された工芸品であって、人々の生活の中で愛用され続けているものとして伝統的工芸品に指定されている有馬籠。そのお店見学です。

おしゃれなセレクトショップ、空間が豊かです。

江戸時代からあると言われている人形が現れるからくり筆の灰吹屋西田筆店。

火災でなくなってしまったのですが、カフェやお香屋さん、2階には素泊まりができる宿泊施設なども入った共同店舗として再スタートされております。

温泉街がますます活気付くことを願います!

昼ごはん前ですが、コロッケ!

有馬天神社でお参りです。

フォルムがかわいい

神社内にある天神泉源と呼ばれる有馬温泉の泉源があり、98度の熱湯が吹き出しているそうです。

湯煙を上げていかにも温泉街という感じですね。

それぞれ温泉街のおもてなし文化、どういう風に感じたでしょうか。

明日は有馬玩具博物館見学の様子をお届けします。

2号より。