PiD zine

PiD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2018.05.29

2年生実習

【2年】真空成形課題

こんにちは。PID zine発行者のぴでじん2号です。

2年生実習、本日は真空成型トレイ課題です。

【真空成形機を使用したプラスチック容器の制作】の課題ではまずはプラスチック製品のいろはから始まります。

今回使用する素材は[PVCポリ塩化ビニル樹脂]という塩ビ板を使って作品を作っていきます。

身の回りのものが「これは何の素材でできているのかな?」と普段から考察し、理解するくせをつけておくと今後のプロダクト人生にも生かされてくるのでみなさんぜひ素材マニアになってみてください。

「お弁当箱」というテーマでプラスチック容器の制作が行われます。

1週目は素材についてやアイデア発想法のレクチャーが行われました。

2週目は、宿題として課された世の中にあるランチボックスの中でも自分がいいと思ったランチボックスについてのレポートを発表します。

素材、特徴、成型方法、使用方法、なぜ好きなのかなど、デザインの観察を行います。

3週目よりアイデアチェック、スチレンボードで試作制作を行ってイメージを具体的にしていきます。

素材の加工方法や、機械の使用方法を教えてもらい、制作に入って行きます。

レーザーカッターや糸鋸を使用してMDFを切り取り、積層して貼り合わせて、そこから削って型の面を整えていきます。

直角の部分もほんの少しテーパーをつけて型が外れやすいように加工します。

真空成形機での一連をご紹介します。

まず制作した型を置きます。

今回の課題では塩ビのシートをセッティング

塩ビシートを温めます。

温まったら型が下から上がってきて密着し、空気穴から空気が抜かれ真空状態になり型の形に塩ビが整形されます。

型を外すとこんな感じ。

型の幅が狭かったり急だったりするとうまく型が抜けないので調整しつつ何回か型抜きしてもらいます。

ほんの些細な加工もプロダクトの世界では重要な役目となってきます。。

2号より。