PiD zine

PiD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2018.06.01

3年生実習

【3年】前期前半実習課題

こんにちは。PID zine発行者のぴでじん2号です。

木曜日は3年生の実習が行われています。

前期の前半、8週間で1つの課題を選択し、取り組んで行きます。

 

空間モデル課題:セカンドハウスの空間構成

家具デザイン課題:木材を使用したインテリアエレメントのデザイン〜記憶と感覚〜(IN/UD共通課題)

木工課題:カトラリーデザイン制作

照明課題:和紙を使用した照明器具のデザイン制作(IN/UD共通課題)

ユニバーサルデザイン 課題:高齢者とデザイン〜記憶と感覚〜(IN/UD共通課題)

雑貨インダストリアルデザイン課題

・飛行機内の機内食や機内グッズのデザイン(ID/UD共通課題)

・あけるしめるのデザイン

カーデザインコース課題:私の乗ってみたい軽自動車

8週間で描写演習、グループディスカッション、デザインサーベイ、アイデア構想、コンセプトメイク、試作、モックアップモデル制作、プレンテーションと課題を進めていきます。

2年生までは全員が同じテーマで具体的なモノをデザイン制作してモノを作る練習をしてきた1年だったと思います。

3年生の課題からはデザインでどう問題解決できるのかといった、アイデアの部分が重視されてくるのと同時に最終のモノのアウトプットで評価されます。

課題を課題として取り組むというフェーズを早くこえて、課題について何かしら常に頭の中で考えている状況というものを作れるか作れないかで、作品にはっきり差が生まれてきます。

はっきり言いましょう、3年生からの伸びの差は確実に取り組んだ時間分反映されます。

前期・後期合わせても4作品しかありません。その4作品がポートフォリオのメイン作品となるので、アイデアをしっかりと詰めていきボリュームある作品としてポートフォリオに載せれるよう頑張っていきましょう。

 

2号より。