PiD zine

PiD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2018.06.19

3年生実習

【3年】「あける・しめる」講評会

こんにちは。PID zine発行者のぴでじん2号です。

3年生IDコースの前期前半合同課題プレゼンテーションが行われました。

「あける・しめる」のデザイン

「あける・しめる」は、日常生活の中で頻繁に生じる行為です。

ドアを「あけたり、しめたり」、ワインのコルク・缶ジュースのプルトップ・牛乳パック…など、日常の様々なモノの「あけたり、しめたり」は、押したり・引いたり・回したり、色々な動作で行われます。

閉じられたモノをあけて、その中身を見るのは、期待と不安を伴う”わくわく”する行為でもあります。

この課題では「あける・しめる」を生活の中で楽しめる機能的なモノとして、思わず「あけたり、しめたり」したくなるようなデザインを考えていきます。

 

ひつじとあそぼう!

遊び感覚で色の名前と、ボタントレーニングができるぬいぐるみの提案

LIGHT COVER

開け閉めの動作とライトの点灯を連動させたブックカバーの提案

Share case

複数人でペンを共有するためのケースの提案

periper

国や文化を超えて気持ちの共有をお手伝いする包装紙の提案

あける・しめる課題のみなさん、お疲れ様でした!

2号より。