PiD zine

PiD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2018.12.10

学生の活動

神戸大学とコラボプロジェクト ルミナリエ募金箱のデザイン2018

こんにちは。PID zine発行者のぴでじん2号です。

現在開催中の、神戸の冬を彩る荘厳な光の芸術作品のKOBEルミナリエ。

今年も「神戸ルミナリエ」の会場に、プロダクトデザイン学科2・3年生と神戸大学塚本・寺田研究室のコラボプロジェクトの光る募金箱が登場しています!

今年で第24回目を迎えた「神戸ルミナリエ」は、阪神・淡路大震災の犠牲者への鎮魂とまちの復興を願い、震災の発生した平成7年に初めて開催され、毎年数百万人が訪れる冬の風物詩として定着しています。

ルミナリエの開催には多くの方々からの協賛金や募金により支えられており、「イルミネこうべ」プロジェクトはルミナリエ存続の願いに答えるべく始まった募金箱制作プロジェクトで、募金活動の意義を広く認知して頂くために、神戸大学塚本・寺田研究室が活動開始から13年目となる今年も続けられています。

プロダクトデザイン学科の見明研究室は8年前からこの活動に参加し、互いの研究室の特性を生かしたコラボ募金箱を制作しています。

過去の作品はこちらから。

2017年2016年 / 2015年

2014 年 / 2013年 / 2012年 / 2011年

10月末頃よりプロジェクトがスタート、神大の学生さんたちとミーティングです。

何回か打ち合わせを経て制作が始まり、側の部分は芸工で、

中身を神大さんが動くように組んでくれるのが毎年の流れ。神大さんありがとうございます!!!

12月7日から始まったルミナリエ、今年のテーマは「共に創ろう新しい幸せの光を」だそうです。

早速行ってきました。

2つ目のイルミネーションを通過したあたりに毎年光る募金箱チームがいます。

去年の募金箱も健在!

そしてこちらが今年の新作!

星々が輝く神戸の街に、機関車が降り立つ世界観と、皆さんの募金で今後も神戸の街が照らされますようにと願いを込めて制作しました。

寒い中募金活動、頑張ってました!

新聞各社にも掲載していただきました。

兵庫おでかけプラス ルミナリエ、今年も「光る募金箱」 学生らが製作

産経新聞 「光る募金箱」今年も 神戸大院生ら制作、ルミナリエ応援の寄付募る

KOBEルミナリエ

開催期間:2018年12月7日(水)〜12月16日(日)

場所  :旧外国人居留地および東遊園地

時間  :18:00頃〜21:30頃まで(各曜日によって変動あり)

URL  :http://www.kobe-luminarie.jp/index.html

 

みなさまお誘い合わせの上、是非とも学生達が制作した募金箱を実際にご覧くださいませ。

2号より。