PiD zine

PiD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2019.03.28

卒業式

【卒業式】第4部 謝恩会 終わり

こんにちは。

本日で卒業式記事も最後になります!

卒業式、プロダクト・インテリアデザイン学科謝恩会では恒例・・・・

4年前の、1年生の5月に実施されたフレッシュマンセミナーにて撮影された「リアルタイムビデオ」と「自己紹介ムービー」の上映会が始まりました!

リアルタイムビデオとは、ワークショップやパーティーなど、集いの場で撮影した写真や動画をスタッフがその場で編集し、その集いの最後に鑑賞できるようにリアルタイムに編集した映像です。

これはプロダクト・インテリアデザイン学科で行っているコミュニケーションデザイン手法の一つで、リアルタイムビデオを観ることで、自分自身の行動を客観的に振り返ることができます。

入学してから卒業に至るまで、さまざまな機会においてこの振り返りの体験を行っています。

佐野先生は毎年これが1番楽しみらしいです。1番前のスクリーン前特等席でふりかえり!

なぜか大爆笑。笑

恥ずかしかったり、懐かしかったり。

みんな大人っぽくなりましたね。

この時語った夢、話した事、現実にできていますか。

この仲間たちと濃い4年間を過ごせた事はこれからもきっと心の支えになると思います。

 

これなんてなんて言うの、4年生たちに囲まれて謝恩会退場です!4年生ありがとう!

 

忘れ物した!!!と戻ったらもう1回やってくれました笑

賑やかな学年だったなぁ。

これにて卒展記事も終了です。

4月からは社会人の仲間入りが始まります。

社会の荒波に、躊躇っていても飛び込まないといけない時がくるし、突き落とされるかもしれない。

それは押し流されて行って苦しい、しんどい事ばかりかりで、陸に上がりたくなる気持ちになるかもしれません。

得れるものがあると思うのであれば、しっかりと社会の荒波に揉まれてください。自分の捉え方次第で一回りもふたまわりも成長できます。続ける事で息継ぎの仕方もどんどん習得していくから大丈夫です。

決して戻らぬ日々を背にして光に向かって進んで行ってください。でもくれぐれも身体だけには気をつけて。

 

 

卒業式が終わって2週間が経ち、少し肌寒い日が続きますが、大学の桜も咲き始めました。

新学年のオリエンテーションが始まります。

さて、少しお伝えしたと思いますが、2号もこの3月いっぱいでプロダクト・インテリアデザイン学科を卒業です!

在学生のみなさん、卒業生のみなさん、これまでの卒業生のみなさん、たくさんのいろんな個性の学生たちと出会えた事、長い長い人生の中でこの神戸芸術工科大学のプロダクト・インテリアデザイン学科という場所を通じて出会えた事が私はラッキーだったと思います。いつだって応援しています。頑張ってください!

また大学に遊びにいくので、見かけたら声かけてね〜!

4年前、ぴでじんさんから引き継いだこのPID zineを振り返ると、カメラを向ければピシッとしたり、笑顔を見せてくれたり、ファインダー越しに本当に色々な事がありすぎて、もう一生分写真撮ったんじゃないかと思います。

学生から、ブログ毎日見てますよ!と言ってくれたり、学生のご両親もブログ読んでくれていて、ブログ載ってたよ!と言われました!と学生から聞いたりすると、気が引き締まる思いでした。入学前の高校生の子たちからもブログ読んでいます!と言ってくれたりすると嬉しかったですね。

読者のみなさま4年間、2号版ぴでじんブログにお付き合いいただきありがとうございました!!!

 

4月からは「PID zine」は3代目ぴでじんにバトンタッチする事になります。

どんなブログになるか楽しみにしていますよ〜!

いつかあの日を超える未来、笑顔でまた会いましょう。

PID zine発行者 ぴでじん2号より。

 

2019.03.25

卒業式

【卒業式】第4部 謝恩会 ゼミ生から教員へ②

こんにちは。PID zine発行者のぴでじん2号です。

引き続き、ゼミ生からゼミ教員へ

感謝の言葉と共に贈り物が手渡されました。その②です。

大田ゼミ

いつも研究室に行ったらコーヒーを入れてくれる大田先生。

大田ゼミ最後のゼミ生からはコーヒー豆が贈られました。

30年間お疲れ様でした!!!

逸身ゼミ

逸身ゼミ、最後のゼミ生からは、逸身先生が大好きな銘柄のお酒が贈られました。

逸身先生、26年間お疲れ様でした!!

向井ゼミ

包みで何か既にバレる!!!笑

ちゃんと向井ゼミ一同から向井先生へ。笑

トランプ大統領が日本にやって来た時に安倍総理が贈ったとかいうすごいいいお酒だそうです。

お正月に飲みます!と向井先生。

向井節でゼミ生たちに最後贈る言葉を伝えてくれました。

見明ゼミ

007のテーマソングと共に登場

・・・

ハードケースが手渡さ手ました。

中身は・・・

ゼミ生がそれぞれ選んだ「道具」のセットでした。

1つづつ説明してくれます。

これ欲しかったやつ〜と嬉しそう。笑

 

そして実習助手の2人にも・・・

野口先生とは、1年という期間でしたが、4年生卒業制作を通じて工房で、濃い1年間でしたね。

込み上げてしまうあれこれ。

贈られたものは、、、

あれ〜なんかすごい手慣れた感じやわ〜

すごいしっくりくるわ〜笑

野口先生も初年度がこの学年でよかったと。作業エプロン着て工房で頑張ってくださいね!

最後に、2号の宮谷にも。。

泣いちゃうので近づいてみました。笑

愛猫をいつもリュックに入れて病院などへ連れて行ってたので、ちゃんとしたペットキャリーいただきました!

ありがとー!!!!

いろんなことがたくさんありましたね。

4年間一緒に過ごせた事、みんなの成長を一番近くて見届けていたと思っています。だからこそ、少しづつ、あ、ちょっと何か意識変わったなと思う人が多かったです。3年生以降は他愛のない話からデザインの話までたくさんお話しましたね。厳しい事もめちゃくちゃ言いましたが、これまで頑張って来てくれた事、無事に卒業できた事本当に嬉しいです。

そして、たくさん私自身助けてもらった事が多すぎました。3号やから、写真撮ってきたで!とか。ちょっと思い出多すぎて何書いて良いかわかりません。笑

これからみんなの笑い声聞けなくなるのか〜と思うとちょっと寂しい気持ち半分ですが、同じく2号も卒業なので、社会人としてそれぞれの現場で頑張ってると思うと、私も頑張らねばという気持ち半分です。社会人になってさらにいろんな話が聞けるかと思うと楽しみですね。

改めて、本当にありがとうございました。

さて、卒業式ブログもそろそろ終わりですね〜。

明日に続く!

2号より。