PiD zine

PiD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2018.12.03

キャンパスライフ

【大学院】1年作品展

こんにちは。PID zine発行者のぴでじん2号です。

12月になりました。今年の1月に新年の目標を立てた人は実現できたでしょうか。

あっという間に1年が過ぎ去ろうとしていますが、1日1日を大切にしていきましょう。

さて10月末の事ですが、大学院総合アート&デザイン専攻修士課程1年の作品展・発表会が行われていました。

3月に卒業したプロダクトの大学院に進学した学生も作品展示を行なっていたので見てきました。

学部時の研究テーマをベースにした内容で新たな提案を行なっていました。

見明ゼミの留学生の作品。

クラフトの学生作品は流石のクオリティです。

足の関節に使っているパーツとか細かいディテールまでこだわっていてかなり見応えがありました。

大学院ともなると内容やクオリティの深みが1段と増した感じで見ていて面白かったです。

大学院進学を考えている学部生の人もそうでない人も研究テーマやディテールの詰め方を参考にできる1番身近な存在ですので、卒展に出展する大学院生の作品も注目です!

2号より。

2018.11.05

キャンパスライフ

夏のスケッチ強化週間2018

こんにちは、2号です。

夏休み期間中にIDEA Sketch Training SUMMER WEEK2018を開催しておりました。

要はみんなでスケッチ練習しようぜ!の会です。

前期パッとしなかったなとくずぶっているそこの君!

アイデアスケッチの書き方を習得したい!

就活に向けてもう少しレベルアップしておきたい!

そもそも何からしていいのかわからない!

など色々ある中で、後期が始まる前にエンジンかけ始めましょう。

と呼びかけたところ、15人くらいの学生が集まりました。

午前中3時間を3日間、短期集中型で

見明先生によるサムネイルスケッチからマーカーレンダリングの書き方などのレクチャーが行われました。

レクチャー後は描いて、最後に貼り出して講評したり。

実際に車を観察して、写り込んでいるものやハイライトの使い方を観察したり。

先輩が後輩のスケッチにアドバイスしたり。

たかがスケッチ、されどスケッチです。

絵が描けないならコツを掴むまで練習すればいい、それだけの話なのです。

自分のアイデアを形にするときに1番始めに簡単に助けてくれるのがスケッチです。

紙とペンがあれば出来る、今はタブレットを持ち歩いている学生も多いですね。

描写力がつけば、幅広いアイデアが表現できます。

いいアイデアを思いついたときになんの考えなしに制作するのではなく、まずは絵にしてみる。

表現するための「瞬発力」を鍛える時間がたくさんあるのが大学の良いところだと思っています。

 

台風で予定していた日にちに実施できなかったりとスケジュールが予定通りにいかなったのが悔やまれますが、これを機に参加した学生はスケッチ練習を続けてくれていたらいいな〜と思うのでした。

 

本日はこれまで。

2号より。