PiD zine

PiD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2018.05.23

フレッシュマンセミナー

【1年】フレッシュマンセミナー 玩具博物館

こんにちは。PID zine発行者のぴでじん2号です。

フレッシュマンセミナー2日目、散策後は有馬玩具博物館へ見学です。

有馬玩具博物館では、4つの展示フロアにテーマごとに約4000点ものおもちゃを展示してあるそうです。

珍しく貴重なおもちゃや、実際に触って遊べるコーナー、ボタンを押して遊ぶカラクリ人形など、見て楽しい、遊んで楽しいという充実の施設!

まずは6階へ。6階ではドイツの伝統的なおもちゃが展示してあります。

等身大のくるみ割り人形がお出迎えしてくれます。

ドイツ東部・エルツ地方に暮らすマイスターがつくりだすミニチュアたちには、驚くべき技術がかくされています。煙出し人形やクリスマスピラミッドなど、そのユニークな使い方やマイスターの技術などを説明してもらいました。

 

くるみ割り人形のモチーフは王侯貴族や兵隊警察が多いことや、煙出し人形のモチーフには男性が多い理由など歴史的理由があるエピソードでした。

5階 現代のおもちゃフロア

ヨーロッパを中心とした、長年デザインを変更する事なく、熟練された職人たちによって作り続けられたおもちゃ、子どもに媚びることなく作られたシンプルなおもちゃが沢山展示してあります。

スイス・ネフ社で作られている積み木は単純な形でありながら、無限の可能性を秘めています。

そんな積み木の「遊び方」を実演してくれました。

ネフ製品の基尺は殆どが2.5cmまたは5cmに統一されているので、ネフスピールや、リグノなどシリーズが違う積み木を組み合わせることもできるため、さらに「遊び」が広がります。

日本では少子化が進む中、一人の子どもに対してさまざまな物が豊富に与えられるようになりました。このことが逆に、物があふれ、情報が氾濫し、何が本当に大切なのか、必要なのかを見極めることを難しくしてしまっているからこそ、「子供」と「おもちゃ」と「遊び」について向き合うことが大切なのではないでしょうか。という問いが投げかけられています。

真面目な感じですが、5階にはプレイスペースがあるので、実際にあそんでみて何かを感じてくれたはず。

4階 現代のカラクリ・オートマタ

イギリスを中心に発展してきたヨーロッパからくり・オートマタ。簡単な仕掛けを組合せてできたその動きは、時には優雅に、時にはコミカルに楽しませてくれます。ユーモアがぎゅっと詰まったカラクリと仕掛けを紹介してもらいました。

作品1つ1つには意外と毒っ気たっぷりな意味が込められているものが多いとかで、まじまじと意味を考えてみると面白いですよと教えてくれました。

最後に3階 ブリキのおもちゃと鉄道模型

メルクリン社のHOゲージの1/87鉄道模型が、ドイツ・バーデンバーデンの駅を発車します。

今年はプロダクトの卒業生が説明をしてくれました!緊張してる!笑

ジオラマが走る姿にみんなクギ付け!

模型ですが、中にちゃんと人も乗っているんですよ。

夜の街並みも再現してくれます。これもまた幻想的で美しいですね。

フレッシュマンで毎年新しいかわいいおもちゃを発見してしまうので、今年も充実の有馬玩具博物館でした!!!

玩具博物館のみなさんありがとうございました!

見学後は「有馬温泉 ねぎや陵楓閣」さんにて昼食です。

贅沢なお弁当を頂いたあとは、温泉を楽しんだり、散策に行ったりとそれぞれの有馬温泉を堪能していたようです。

さて、これにてフレッシュマンセミナーレポートお開きとさせて頂きます!

1年生のみなさん、このフレッシュマンセミナーを通じ合て得たものはあったでしょうか。

チームで何か一つの事をやり遂げる事だったり、新たな友達と話して新たな考えや世界に触れた人もいたと思います。

それぞれの価値観を尊重し、これからの大学生活を共に学んでいってもらえればと思います。

帰りは神戸電鉄有馬線に揺られて帰路につきました。

1年生・2年のファシリテーターのみなさんお疲れさまでした!

 

2号より。

 

2018.05.22

フレッシュマンセミナー

【1年】フレッシュマンセミナー 有馬散策

こんにちは。PID zine発行者のぴでじん2号です。

5月11日〜12日にかけて行われたフレッシュマンセミナーの様子をレポートします。

フレッシュマンセミナー2日目

9:00に大学集合

みんなでバスに乗って有馬へ向かいます。

大学からは高速に乗って30分ほどで到着します。

兵庫県内にある有馬温泉は日本を代表する歴史ある温泉地で、日本三古泉、日本三名泉、日本三大薬湯にも選ばれています。

フレッシュマンセミナーの心得は日本の温泉文化のおもてなしの心や、観光デザインを実体験する事を目的としています。

現地に到着後、有馬玩具博物館と、有馬温泉地の探索を行います。

本日は、有馬散策の様子をお届けします。

散策といえばまず最初は温泉街を奥へ奥へ坂を上がって行った先にある炭酸泉源公園ですね。

この神社のような建物の中にある丸い石の井戸から炭酸泉が湧き出ているそうです。

左手側にある蛇口より飲泉ができます。

後ろの学生の顔に注目。笑

炭酸泉が日本初の国産オリジナルサイダーの素、毎年恒例の炭酸洗礼でした!笑

散策を続けます。

長い歴史と地域の風土に培われ、洗練された工芸品であって、人々の生活の中で愛用され続けているものとして伝統的工芸品に指定されている有馬籠。そのお店見学です。

おしゃれなセレクトショップ、空間が豊かです。

江戸時代からあると言われている人形が現れるからくり筆の灰吹屋西田筆店。

火災でなくなってしまったのですが、カフェやお香屋さん、2階には素泊まりができる宿泊施設なども入った共同店舗として再スタートされております。

温泉街がますます活気付くことを願います!

昼ごはん前ですが、コロッケ!

有馬天神社でお参りです。

フォルムがかわいい

神社内にある天神泉源と呼ばれる有馬温泉の泉源があり、98度の熱湯が吹き出しているそうです。

湯煙を上げていかにも温泉街という感じですね。

それぞれ温泉街のおもてなし文化、どういう風に感じたでしょうか。

明日は有馬玩具博物館見学の様子をお届けします。

2号より。