PiD zine

PiD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2018.06.30

2年生実習

【2年】実習前半 木工基礎 講評会

こんにちは。PID zine発行者のぴでじん2号です。

本日は2年生実習木工基礎課題の講評会の様子をお届けします。

実習中の様子はこちら☞【2年】木工基礎課題

作品の良さを引き立てるために、みなさん使用シーンに合わせて小物を準備しているあたりいいポイントですね!

木工課題のみなさん、お疲れ様でした!

2号より。

2018.06.29

2年生実習

【2年】実習前半 座るモデル 講評会

こんにちは。PID zine発行者のぴでじん2号です。

本日は2年生実習「座る」体験から家具に落とし込む課題の講評会の様子をお届けします。

実習中の様子はこちら☞【2年】”座る体験”家具課題

揺れる体験・ハマる体験

ビニール袋に入る体験

膝を支える体験(電車でつり革を持ったまま寝落ちてガクッとなってしましまった時用)

カゴの縁に座る体験

座面がない椅子の体験

柔らかく沈み込んでいく体験

カゴを裏向けて座る体験

パーキングブロックに座る体験

ヘルメットに座る、ハマる体験

ハンモックのような布が体にまとわりつく体験

新聞ラックに体を収める体験

木に挟まっている体験

椅子からずるずると滑る体験

揺れる体験

座面がない椅子の体験

普段は「座る」という行為から発想されることは、座りやすい椅子などに概念を置きがちですが、この課題では「座る」体験を切り口に、よくわからない感覚を形にする、感じた事を共有する、その体験を掘り下げていくというプロセスを通じて改めて「座る」という行為を見直し、ものづくりのプロセスを体験します。

同じものを見てもそれぞれが面白いと思うポイントが違うのが面白かったですね。

デザインを表現するために技法を学ぶわけですが、表現の幅が広がればアイデアも広がります。

今回どうやっていいかわからなかったアイデアも可能性を捨てずに技法を学んでいくうちに

こうすれば表現できる!!!というタイミングが訪れるかもしれません。

 

座るチームのみなさんお疲れさまでした!

 

2号より。