PiD zine

PiD zineはプロダクト・インテリアデザイン学科の今をつたえるブログです。

2018.10.08

3年生実習

【3年生】後期前半 減災デザイン

こんにちは。2号です。

3年生実習課題、本日はユニバーサルデザインコースの課題についてお届けいたします。

減災デザイン

(ユニバーサルデザインコース 担当:相良先生)

自然災害そのものの発生を制御し未然に防ごうとする「防災」ではなく、たとえ災害が起こっても、それによる被害をできるだけ少なくする「減災」という考え方がクローズアップされてきています。

「想定外」という言葉で片付けるのではなく、いつでも起こり得る自然現象として捉え、サバイブする備えを持つことが重要となってきます。

災害に見まわれた場合にも生き延びるためのデザインや、災害の被害をできるだけ少なくするデザイン、避難所での生活を少しでも快適にするデザインなど必要とされているデザインはとても多くあります。

「減災デザイン」は、災害という非日常のための特別な備えとしてではなく、日常使用しているものが災害発生時に有効に機能することに重点をおき、普段使いの延長線上に非常事態を考えます。

社会的ニーズを抽出し、課題解決のためのコンセプトメイキングとデザイン実践を学習します。

2週目には阪神・淡路大震災の記録と、世界の災害に関する資料を展示公開している「阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター人と防災未来センター」を見学してきました。

膨大な量の映像や実物の資料は当時の凄惨さと、避難生活から復旧・復興へ至る過程でのさまざまな問題を浮き彫りにさせています。

今後のデザインワークに役立てる災害に起こり得る様々な事態を改めて考えるきっかけとなったのではないでしょうか。

災害や防災、減災についてしっかりとリサーチやディスカッションを行い3週目から具体的なアイデアを書きだして発表していきました。

「もしも」の場合どういう問題がおこるのかといったことからアイデアを展開し、減災デザイン課題の子たち同士でもお互いのアイデアに深く議論を繰り返していきます。

今年の夏には豪雨、地震、台風と神戸でも災害が多くありました。全国的に見ても災害が多くニュースなどで日常的に災害を考える時間が多かったと思います。

きっかけが自分事として、そこからたくさんの人が抱えるであろう問題点を挙げ一つ一つ潰してデザインに取り込んでいきます。

社会的問題点の難しい課題ですが、デザインが求められる分野としてとても重要な課題だと言えるのではないでしょうか。頑張ってください。

減災デザイン・プロジェクトとして毎年コンペが行われているため、このコンペに応募する程で課題が進められていきます。

http://gensai-design.com/index.html

 

2号より。

 

2018.10.06

3年生実習

【3年生】後期前半 家具・木工課題

こんにちは。2号です。

3年生実習課題、本日は家具課題・木工コース課題についてお届けいたします。

家具課題 「90 – SIZEDFURNITURE」

(家具・スペースデザインコース 担当:田頭先生)

3 辺計「90 サイズ」にパッキングできる家具をデザイン・制作します。

家具産業を考える上で、流通コスト、保管コストは大きな問題のひとつです。この課題ではこれらのコストを抑えるために、組み立て・分解ができる、もしくは折りたたみ機構を持つ家具をデザイン・制作します。ただコンパクトになるというだけではなく、コンパクトになることでの価値や意味を付加できるコンセプトや、制約があるからこその面白い構造や造形を目指します。※一般的な配送区分では「100 サイズ」(3 辺計100cm 以下、重量10kg 以下)に分類される。

田頭先生の課題ではおなじみになりました。リサーチの分類!

「片付ける」をデザインする

(家具・スペースデザインコース 木工コース 担当:安森先生)

モノがあふれている今日、いかに収納するかが快適に生活する条件の一つになっています。収納に関係し、かつ感性にふれる家具や木工作品を制作し、モノとヒトの関係性について考察します。

使用者は何を整理するのか、どのような場所でどのように使用するのかを想定します。収納機能に注目した新たな提案を含む作品も可としデザイン制作を行います。

並行して造形を鍛える課題として野菜などを彫刻します。

トリマーを使った加工法なども。どんどん木工技法を学んでデザインに取り入れてください。

2号より。