• カーデザイン
  • 卒業研究(4年次)

「Floating Shell 〜構造から発想」
次世代の電気自動車デザイン

山下卓也
(現:マツダ株式会社デザイナー/2011年卒業)

エネルギー技術革新が現実のものとなり、カーデザインにも大きな変化が期待されている。この作品は『美しき構造』に注目し、次世代の電気自動車デザインに挑戦。アーチ構造とシェル構造、二つの構造を利用し、キャビン部とシャーシ部を独立させ「Comfortable」と「Sportiness」という相反するテーマを両立した。